紫外線に気を付ける|授乳服は通販で購入するのがベスト|丈夫な肌着専門店
女の人

授乳服は通販で購入するのがベスト|丈夫な肌着専門店

紫外線に気を付ける

赤子

どんな製品を選ぶか

大人は日焼けに弱いとわかっていれば日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりと対応手段を自分で選ぶことが出来ます。赤ちゃんは自分では紫外線の事などわからないですしお母さんに伝える事も出来ませんから、赤ちゃんにも日焼け止めを塗ってしっかり紫外線対策をしてあげて下さい。赤ちゃんは皮膚が大人より薄いので刺激などに弱いですから紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルな日焼け止めを選ぶのが良いでしょう。日焼け止めを落とす時にも簡単に石鹸などで落ちるようなSPFが低めで、肌に優しいものを選んで下さい。他にも大人でも敏感肌の方が避けるようなパラベンや防腐剤や界面活性剤などの入っていない商品を選ぶとリスクも少なく安心です。

紫外線を防ぐ

赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどしかないですから、大人よりも気を使って製品を選んだり対策をすることが必要です。お散歩自体は太陽の紫外線からビタミンDを合成することによってカルシウムの吸収を助けるのでとても良いのですが、過度に紫外線を浴びると湿疹の原因になったり、将来シミなどになったりしますから注意が必要です。太陽を浴びるのは10分から15分程度で十分ですから、それ以上長く屋外にいるのなら日焼け止めが必要です。新生児から3か月位の赤ちゃんは体がまだ出来上がっていない状態ですから外出や日焼け止めを塗るのも避ける方が賢明です。3か月以降はしっかり日焼け止めなどを塗るのが良いのですが、日焼け止めが合わないという場合には帽子やベビーカーの日除けを使うのがいいでしょう。